上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近いろいろと変化を実感している今日この頃です。

思いついたこと気になったことは実行をなるべくしているんです。

内なる声に「本当に?」と思うこともありますけれど、根が単純なので

やれてるんだろうなぁ~と思ったりしています。


昨日は特に自分の感情の声を出してあげながら泣く

そういう行動が出来ました。

そしたら、さっきまでの思い詰めた気持ちがかーるくなるんです。


その時のことはある事柄にフォーカスされていると思うけど

吐きだされた気持ちは、これまで言えないでいた弱音なので

たとえ人の前で言えなくても私という存在が認めたことが大切なんですね。



そして、孤独感を感じていることがあったり

これまでカードを展開していくと怖くてたまらなかったタロットが

怖くなくなったこと。

私は心の闇に触れても大丈夫になったんじゃないかな?

そんな想いを感じています。



それで昨日はあるセラピストさんに私と言う人はどんな人なのかを聞きに

セッションを受けることが出来ました。


自分で分かっていること

やはり他の方と同じことを言われていること

それを先輩セラピストさんという立場から優しく背中を押していただきました。

それはセラピストやヒーラなどの癒す立場の人として行動することが

どんなに怖いかってことを分かってくださるからなんだと思います。

何気に天のはからいで頂くホロスコープの鑑定書などがプリントされない

状況でまた来週に受け取りするのにお会いすることになりました。

その時に練習としてセッションに付き合ってくださるって言ってくれて。

「でも、私は人前で出来ることがない!!」って言っちゃってね、

「じゃあ、カードを1枚リーディングでもいいから必ず持って来てね

そう言われちゃって・・・。

でも、何をやったらいいのか?分かんない

カタチに捉われているのは私なんだね。

そんなことでいいの?と思う私の言葉を

「リーディングしてくれて嬉しかった」と言ってくれて。


実のところは、やれば出来ると思うけど嬉しいけど・・・恥ずかしい

ホントに意味が分かんないことあるもんね。

でも、少し強引な感じに見えるけど・・・

私を引っ張ってくれてるんだと分かってるの

少しだけ好意に甘えさせていただこうかな~と思ってます。

たぶんグチャグチャなグデングデンの空まわりの私になりそうなんですけどぉ


セッション受けて本当に良かったです。

自宅に帰ってから何気にやる気が出てきているんです。

ホントに単純な私だから、思い立ったら経過が早いという良い点もあります


昨日のセッションのことは追々書くとして~

昨日のセッションの前後から始まった感情の解放が始まっている様子。




この記事では今日感じた私という人物の価値観が傷ついたことについて書きます。


私は自分の手の中にあるものを手放すということが中々出来ない人なんです。

いつか使うかもしれないから。

手放しても使う必要があったり、後悔してしまうこともあった。

でも、一番感じることは・・・

私が手放したものを「誰も喜ばない」と思っていることなんです。


何かを作っても本当は周りの人と分かち合いたいのに・・・

それが出来ないんです。

私が良かれと思ったことが皆に受け入れらないのではないか?

そんな気持ちが支配してしまいます。


だから、傍からみたらケチな人なのかもしれません。

自分のモノが受け入れられなかったら、

私が注いだ想いがムダになってしまう。


天使のサンキャッチャーを作ったりしているって前にブログで書いたことが

あるんですが、知り合いは売ったら?と言ってくれます。

でも、手放せないんです。


どうして?



ただ単に手元に大事にしていたいだけじゃないんです。


手放したものがちゃんと気持ちよく受け入れてもらえるのかが自信ないから。



朝、子供たちを見送り家の事をしていたら、ふーっと昔のことが浮かんできた。



それは小学校の頃のこと。

2,3年かなぁー低学年だったと思います。

よくその月の誕生日会とかをやっていて、誰かを特定するんじゃなくて

その何人かの内の誰かに渡るプレゼントと用意しなくちゃならなかったの。

私、プレゼントとか家族から貰ったコトがなかったので何が喜ぶのか???

それに何百円とかの世界だよね?その頃のプレゼントってば。

私はね、思いつかなかったからキキとララ系のサンリオのキャラクターの

絵を一生懸命に書いてそれをプレゼントにしたんです。

私は何故だか器用な方なので出来あがりも悪くなくてね、喜んでくれるかな~

そう思っていたら・・・

なんとバカにされていた様子が間近でアリアリと感じられました。

その子の友達と私の書いた絵を見ながら私の方を見て見下した感じでした。

今の私なら気に入らないなら返して!!と言えたかもしれないけれど

その時の小さな私は酷く傷ついたのを覚えています。


せっかく心を込めて書いたのにな・・・

ただ心の中にその気持ちを閉じ込めていただけなので

何も解消されることなく今に至っていました。

今日ね、今の私なら感じるであろう気持ちを感じ

その時に悲しかった想いを改めて感じて涙しました。


この時に私はまた、自分には価値がないと思うことが重なったんですね。

私が良いと思ったものや心を込めたものが何の役にも立たない

気持ちを拾ってもらえない、喜んでもらえないんだ。


そう、小学校以前にあった出来ごとに輪をかけて私の心に鍵をかけてしまう

ことになったんだろうな~と思いました。



もっと弱音吐いて大人の誰かに訴えたり泣いたりしていたら・・・

きっと早いうちに解放されていたんだろうなぁ~。


でも、私は今また心を解放できたと思うし、そんな気持ちを誰しもが持つ

ということを理解できるので良かったんだと思います。


可愛い小さな私、インナーチャイルドがずっと悲しくて泣いていたから

私は自分に自信を持てずに周りの人たちと色んなモノを分かちあうことが

怖くて出来なかったんだよねって思うことが出来ました。


小学生のクラスメイトも同じくまだ子供でした。

思いやりの気持ちが足りなくても仕方のないことですよね。

今の私だって気の回らないことばかりで一人前の大人になれていませんもの

だから憎たらしいとかも全然思いませんけど、ただ悲しかったんです。


そんな私を認めてあげれて本当に良かったです。



これで私はなんの罪悪感を持たずに必要な人に必要な何かを分けて

共有することが出来るって感じがします。

きっと、もう手放すことが怖くなくなっていくんじゃないのかなぁ~



と、私の心がまたひとつ軽くなった素敵な朝となりました。




さて、今日は私が所属するPTA委員の最後の教育学級です。

この一年委員長・副委員長・書記や会計の役員の方はさぞ大変だったと思います。

皆さんのおかげで負担を感じることなく無事終えることができそうです。

良い勉強になりました。



そろそろお出かけの準備をしたいと思います。


今日も読んで頂き ありがとうございました



今日という日が優しい光に包まれますように・・・(*^-^*)/杏樹







スポンサーサイト
2011.02.23 Wed l ゆーこのひとり言 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://angellightangel.blog78.fc2.com/tb.php/301-eec70e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。